今日の気になる新刊:2020年2月10日(人文・社会)

今日は20点です。

<<もくじ>>

    タバコ天国 素晴らしき不健康ライフ径書房¥2,090(2021/01/22 19:31時点)
    同性愛文学の系譜 日本近現代文学におけるLGBT以前/以後勉誠出版¥3,080(2021/01/28 03:45時点)
    日本の美しいことばと配色 和風カラーチャートグラフィック社¥1,650(2021/02/08 01:29時点)
    交叉する文人世界: 朝鮮通信使と蒹葭雅集図にみる東アジア近世法政大学出版局¥4,840(2021/02/24 00:24時点)
    斎藤氏四代:人天を守護し、仏想を伝えず (ミネルヴァ日本評伝選 205)ミネルヴァ書房¥3,850(2021/02/24 00:24時点)
    神仏分離を問い直す法藏館¥1,320(2021/02/24 00:24時点)
    松本清張が「砂の器」を書くまで:ベストセラーと新聞小説の一九五〇年代 (早稲田大学エウプラクシス叢書)早稲田大学出版部¥4,400(2021/02/28 21:01時点)
    アフリカからアジアへ 現生人類はどう拡散したか (朝日選書)朝日新聞出版¥1,650(2021/01/22 19:31時点)
    人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?文藝春秋¥2,530(2021/02/24 00:24時点)
    カントの世界市民主義―十八世紀ドイツ啓蒙におけるカント歴史哲学の知識社会学的研究―晃洋書房¥7,480(2021/02/24 00:24時点)
    人文主義の言語思想: フンボルトの伝統岩波書店¥9,460(2021/02/24 00:24時点)
    現代のリベラルアーツとは何か: よりよく生きるための「知の力」イマジニア株式会社¥1,650(2021/02/24 00:24時点)
    修辞と文脈: レトリック理解のメカニズム (プリミエ・コレクション)京都大学学術出版会¥3,190(2021/02/28 21:01時点)
    ダブル・ライフを生きる〈私〉―家族に犯罪者をもつということ晃洋書房¥4,400(2021/02/24 00:24時点)
    改訂7版 36協定締結の手引労働調査会¥1,980(2021/03/02 11:28時点)
    イギリス一八世紀のコモンウェルスマン:自由主義思想の伝播と発展 (MINERVA人文・社会科学叢書 234)ミネルヴァ書房¥8,800(2021/02/24 00:24時点)
    AI vs.民主主義: 高度化する世論操作の深層 (NHK出版新書)NHK出版¥935(2021/02/28 21:01時点)
    彼女たちの好きな鈴木邦男ハモニカブックス¥1,650(2021/02/28 21:01時点)
    アメリカン・ボーン・チャイニーズ:アメリカ生まれの中国人花伝社¥2,200(2021/02/24 00:25時点)
    メトロタシケント大福書林¥1,980(2021/02/24 00:25時点)
    タイトルとURLをコピーしました