今日の気になる新刊:2020年1月31日(人文・社会)

今日は28点です。

<<もくじ>>

    イラストでわかるニッポンのサイズ図鑑淡交社¥1,650(2021/02/02 11:13時点)
    別冊 (下)岩波書店¥6,160(2021/02/02 11:13時点)
    雑誌記者 (土曜文庫)土曜社¥985(2021/01/22 22:55時点)
    新装版 四季の花(上巻)青幻舎¥2,530(2021/02/03 04:06時点)
    新装版 四季の花(下巻)青幻舎¥2,530(2021/02/03 04:06時点)
    茶趣をひろげる歳時記百科淡交社¥11,000(2021/02/03 04:06時点)
    中国学術の東アジア伝播と古代日本 (アジア遊学 242)勉誠出版¥3,080(2021/02/04 18:52時点)
    戦国末期の足利将軍権力吉川弘文館¥9,900(2021/02/04 18:52時点)
    近世後期テニヲハ論の展開と活用研究勉誠出版¥8,800(2021/02/04 18:52時点)
    日中儒学の比較思想史研究――その解体と再構築に向けて明石書店¥5,500(2021/02/04 18:52時点)
    明治の教養―変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉勉誠出版¥8,250(2021/02/12 07:58時点)
    巧拙無二: 近代職人の道徳と美意識剣筆舎¥2,090(2021/02/04 18:52時点)
    近代皇室の社会史: 側室・育児・恋愛吉川弘文館¥9,900(2021/02/04 18:52時点)
    渋沢敬三とアチック・ミューゼアム: 知の共鳴が創り上げた人文学の理想郷勉誠出版¥3,850(2021/02/12 07:58時点)
    戦争に隠された「震度7」〈新装版〉: 1944東南海地震・1945三河地震吉川弘文館¥2,200(2021/02/12 07:58時点)
    近代のはずみ、ひずみ航思社¥5,060(2021/02/12 07:58時点)
    荒れ野の六十年―東アジア世界の歴史地政学勉誠出版¥3,520(2021/02/12 07:58時点)
    草の根歴史学の未来をどう作るか: これからの地域史研究のために文学通信¥2,970(2021/02/12 07:58時点)
    ブッダに学ぶ ほんとうの禅語アルタープレス¥2,090(2021/02/17 21:00時点)
    妖精の教科書:神話と伝説と物語原書房¥2,200(2021/02/12 07:58時点)
    ブラジルの都市の歴史―コロニアル時代からコーヒーの時代まで (世界歴史叢書)明石書店¥5,280(2021/02/12 07:58時点)
    奇跡の論文図鑑: ありえないネタを、クリエイティブに!NHK出版¥1,430(2021/02/17 21:00時点)
    アメリカ・センサスと「人種」をめぐる境界: 個票にみるマイノリティへの調査実態の歴史勁草書房¥7,150(2021/02/12 07:58時点)
    孤塁 双葉郡消防士たちの3.11岩波書店¥1,980(2021/02/19 18:37時点)
    「移民時代」の多文化共生論――想像力・創造力を育む14のレッスン明石書店¥2,420(2021/02/17 21:00時点)
    沖縄ディアスポラ・ネットワーク――グローバル化のなかで邂逅を果たすウチナーンチュ明石書店¥5,940(2021/02/12 07:58時点)
    「一帯一路」時代のASEAN――中国傾斜のなかで分裂・分断に向かうのか明石書店¥3,080(2021/02/12 07:58時点)
    ミクロネシア学ことはじめ 絶海の孤島ピンゲラップ島編南方新社¥1,760(2021/02/12 07:58時点)
    タイトルとURLをコピーしました