越中島支線。

都内の地図を見ていてずっと気になっていることがありました。
総武線の亀戸駅からJRの線路が湾岸方面に続いているのです。
それがなんなのか疑問でした。
さて。
先日たまたま東陽町駅から永代通りを歩いていたら踏切がありました。
広い永代通りなので真ん中で2つに分かれて。
それを見た時、地図に載っていた謎の線路のことを思い出しました。
おそらくこの路線があの地図の路線なんだと。
踏切は今も使われている感じですが、 単線でとても旅客用とは思えませんでした。
しかし知人に聞いた話では電車が通過しているのを見たそうです。
そこで調べてみました。
越中島支線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E6%94%AF%E7%B7%9A
この線路は貨物用の路線のようです。
おそらく最初は小名木川からの水運で運ばれた荷物をここから揚げて 、
亀戸駅から各地に輸送する目的で作られたと思われます。
戦前は亀戸ー小名木川駅のみでした。
しかし戦後になり、鉄道輸送の増加に合わせて越中島駅まで延伸します。
この越中島駅は現在の京葉線越中島駅ではなく、 塩浜にある別の駅です。
今も越中島貨物駅という名称で稼働しています。
1958年に越中島駅まで延伸し、
おそらくは高度経済成長にのって貨物の取扱量は増えていったでしょう。
しかし60年代から鉄道輸送からトラック輸送への転換が始まり、
その結果、貨物としての機能は縮小し、
現在では貨物としての機能はほとんどありません。
また区間の中間点だった小名木川駅はなくなり、
再開発されて現在はアリオ北砂になっています。
越中島駅は今は貨物駅としての機能はないですが、
構内にJR東日本が線路を各地に配送するための東京レールセンターがあるため、
レールを輸送するために越中島支線が利用されています。
調べてみるといろいろ分かるものですね。
ここからさらに広がって他のものにつながっていきます。
次は東京都港湾局専用線について調べてみようと思います。